新製品 リパーゼ固定済み樹脂サンプルキットのご紹介

リパーゼ固定済み樹脂

ピュロライト社の酵素固定済樹脂製品群に、新しくLipase immo KITが加わりました。

CalB Immo製品群は、リパーゼ(Candida Antarctica Lipase B (CalB))を真球状かつ直径0.3-1.2mmのアクリル系・スチレン系の合成樹脂表面に固定した製品群です。このたび新たに、5種類のリパーゼを固定した 固定済み樹脂のサンプルキットLipase immo KITをご用意しました。

CalBimmokit_APR2016Lipase immo KIT製品群は、固定済み担体6種類(下記)をセットにした、リパーゼ反応試験のスクリーニング用途として最適なサンプルキットです。キットには、それぞれ水分含有率を5%以下に調整した10gずつの固定済み担体が含まれます。

 

Lipase immo KIT 内容

(各種10g、水分含有率5%以下)

  • CalB immo Plus (Lipase from Candida antarctica B)
  • CalA immo (Lipase from Candida antarctica A)
  • TL immo (Lipase from Thermomyces lanuginosa)
  • RM immo (Lipase from Rhizomucor miehei)
  • CR immo (Lipase from Candida rugosa)
  • PS immo (Lipase from Pseudomonas cepacia)

 

Lipase immo KITに含まれる製品名

製品名 固定手法 酵素活性
CalB immo Plus 吸着 > 9,000 PLU1)/gdry
CalA immo 共有結合 > 2,000 TBU2)/gdry
TL immo 吸着 > 10,000 TBU2)/gdry
RM immo 吸着 > 500 TBU2)/gdry
CR immo 吸着 > 250 TBU2)/gdry
PS immo 吸着 > 1,500 TBU2)/gdry

1) PLU:
温度60°Cで、ラウリン酸(lauric acid)と1-プロパノール(1-propano)から、毎分1μmolのラウリン酸プロピル(propyl laurate)を生成できる酵素量

2) TBU:
標準条件下においてトリブチリン(tributyrin)を加水分解して毎分1μmolの酪酸(butyric acid)を遊離できる酵素量

 

リパーゼ固定済み樹脂サンプルキット」の詳細につきましては、
お問い合わせフォームからご連絡ください。