課題の解決方法を提案します★有機フッ素化合物(PFCs)を除去するアニオン交換樹脂のご紹介

有機フッ素化合物を除去する強塩基性アニオン交換樹脂

ピュロライト社は、水中の微量有機フッ素化合物(Perfluorocarbons、以下PFCs)を除去できる強塩基性アニオン交換樹脂「Purofine® PFA694E」と「Purolite® A592E」を新たに開発しました。

PFCsはフッ素加工工程や油火災用の消火剤(界面活性剤)に用いられてきましたが、その発がん性が疑われ、また環境中でも分解されにくく化学的に安定した物質であるため、人体・生物への有害性・蓄積性が問題になっています。

ピュロライトの新しいアニオン交換樹脂は、地下水・飲料水・ポータブルウォーターに含まれる極めて低い濃度(ppt = ng/Lレベル)のPFCsを効率的に除去でき、また、廃水処理の最終工程(ポリッシング)にも適用できます。

 

Purofine® PFA694EPurolite® A592E

Purofine® PFA694Eはゲルタイプの母材の非再生型樹脂です。またPurolite® A592Eはマクロポーラスタイプの母材を持つ、再生・再利用が可能なアニオン交換樹脂です。いずれもPFCs濃度が検出下限値に近い1-5ppt(ng/L)以下の処理水を得ることができます。一般物性を下の表に記載しています。

特徴:

  • 水中のppt(ng/L)レベルの微量濃度のPFCsを検出下限値以下まで除去
  • 活性炭に比べ3倍以上の交換容量を持つため、長期的に安定した除去性能を維持
  • アニオン交換と吸着による2つのメカニズムでPFCsを除去し、強固に固定
  • 交換速度が極めて速いため、少ない樹脂量かつ高い流速でも除去性能を発揮
  • 米国NSFによる飲料用途認可(NSF/ANSI Standard 61)
  • 米国FDAイオン交換樹脂製造指針に適合(食品添加物に関するCFR 21 パラグラフ25)

除去対象となるPFCs(確認済み):

  • PFOA(パーフルオロオクタン酸)
  • PFOS(パーフルオロオクタンスルホン酸)
  • PFBA(パーフルオロブタン酸)
  • PFBS(パーフルオロブタンスルホン酸)
  • PFHxA(パーフルオロヘキサン酸)
  • PFHpA(パーフルオロヘプタン酸)
  • PFHxS(パーフルオロヘキサンスルホン酸)
  • PFNA(パーフルオロノナン酸)

米国EPAは2016年5月に、飲料水のPFOA(パーフルオロオクタン酸)とPFOS(パーフルオロオクタンスルホン酸)の濃度に関して、70ppt(ng/L)を健康警告レベル(health advisory level)としています。

 

Purofine® PFA694Eの一般物性

母体・外観 ゲル型スチレン系・球状粒子
官能基 複合アミノ基
水分含有率 60%以下
粒度分布
平均粒径 675±75μm
均一係数 1.3以下
適用温度(Cl形) 100℃

 

Purolite® A592Eの一般物性

母体・外観 マクロポーラス型スチレン系・球状粒子
官能基 複合アミノ基
粒度分布 300-1,200μm
<300μm 1%以下
均一係数 1.7以下
適用温度(Cl形) 100℃