課題の解決方法を提案します★ゼラチン・加水分解コラーゲンの精製工程に使われる樹脂の紹介

課題の解決方法を提案します★ゼラチン・加水分解コラーゲンの精製工程に使われる樹脂の紹介

ゼラチン・加水分解コラーゲンの精製工程に使われる樹脂の紹介

ゼラチンや加水分解コラーゲンは食品・医薬品・工業用途など多様な分野に使われています。イオン交換樹脂や合成吸着剤は、ゼラチン・コラーゲンの精製工程においても幅広く利用されています。

 

ゼラチンの脱塩

水処理用途と同じく、ゼラチンに含まれる塩類、特に塩化物イオンや硫酸イオンは、イオン交換樹脂によって除去することができます。動物から抽出してろ過処理をしたゼラチン溶液を50-60℃に加温し、強酸性陽イオン交換樹脂、弱塩基性陰イオン交換樹脂、強塩基性陰イオン交換樹脂の順番に通液し、不純物であるイオン類を除去します。樹脂は酸(約5% HCl溶液)やアルカリ(約4% NaOH溶液)で再生することができます。

 

表 ゼラチンの脱塩に利用されるイオン交換樹脂

強酸性陽イオン交換樹脂 弱塩基性陰イオン交換樹脂 強塩基性陰イオン交換樹脂
樹脂 Purolite® PPC150S
Purolite® SGC650
Purolite® SST80
Purolite® PPA103SPlus
Purolite® PPA133SPlus
Purolite® A845S
Purolite® A847S
Purolite® PFA500SPlus
除去対象 Ca2+, Na+, K+ Cl, PO43-, SO42- CO32-

 

ゼラチンの脱臭・脱色の事例

イオン交換樹脂と合成吸着剤に連続通液することによる魚由来のゼラチン溶液の脱臭・脱色処理の実施例を紹介します。原液(メークアップ液)を強酸性陽イオン交換樹脂(一塔目)と弱塩基性陰イオン交換樹脂(二塔目)に通液して脱塩した後、そのまま合成吸着剤(三塔目)に通して脱臭・脱色することで、連続的に精製処理が行われます。

ゼラチンの脱臭・脱色の実施例

ゼラチンの脱臭・脱色の事例2

図 イオン交換樹脂・合成吸着剤による魚由来のゼラチン処理

 

加水分解コラーゲンの脱臭・味覚改善・脱色

ゼラチンの高分子を分解した低分子の高純度たんぱく質である加水分解コラーゲン(コラーゲンペプチド)は、分子量が小さく水溶性を示すため体内へ吸収されやすく、飲料、サプリメント、化粧品に使われています。臭気や味を改善する精製工程では主に合成吸着剤が使われています。Macronet™ MN102は弱塩基性陰イオン交換基を付加したスチレン系母材の合成吸着剤で、加水分解コラーゲンの脱臭と味覚改善に使用されており、なおかつアルカリ溶液(2% NaOH)で再生することで繰り返し使用が可能です。

加水分解コラーゲンの脱色には強塩基性陰イオン交換樹脂が使われます。スチレン系・ゲルタイプの母材をもつ強塩基性陰イオン交換樹脂Purolite® A420SとPurolite® SSTPFA64は、事前にイオン形をOH形に転換させた後、加水分解コラーゲンを通液することで処理後の塩味を減らすことができます。強塩基性陰イオン交換樹脂はアルカリ溶液(4% NaOH溶液)で再生して再利用できます。

 

 

 

課題の解決方法を提案します★ペプチド固相合成用樹脂をご紹介します

課題の解決方法を提案します★ペプチド固相合成用樹脂をご紹介します

ペプチド固相合成用樹脂PuroSynth™のご紹介

ピュロライト社のPuroSynth™は新たに開発したペプチド固相合成用樹脂です。

母材であるポリスチレン高分子ゲルは、化学的安定性や有機溶媒への耐久性が高いため、ペプチド固相合成用樹脂として最も標準的に使用されています。

ペプチド固相合成用樹脂PuroSynth™は、ポリスチレンと1%のジビニルベンゼンにより共重合により架橋された母体構造を持ち、ほとんどの一般的な溶媒に不溶ですが、膨潤しやすい均一粒径の球状ビードです。 Read more

課題の解決方法を提案します★活性炭に替わる合成吸着剤のご紹介

課題の解決方法を提案します★活性炭に替わる合成吸着剤のご紹介

活性炭に替わる合成吸着剤

化学品・食品・医薬品・化粧品の製造プロセスでは、粒状活性炭や粉末活性炭が多用されていますが、破砕した微粉炭が処理液の品質を低下させ、後段工程に影響を与えるなどの問題が懸念されます。 Read more

課題解決★ビーズミル用粉砕メディア「PuroMill™」のご紹介

課題解決★ビーズミル用粉砕メディア「PuroMill™」のご紹介

ビーズミル用粉砕メディア「PuroMill™」

ビーズミル用粉砕メディア「PuroMill™」PuroMill™は、ビーズミル(粉砕機・分散機)に使われる粉砕メディア(ビーズ)で、ピュロライト社がこれまでに培ったイオン交換樹脂製造技術ノウハウを応用した、単分散型の真球状高架橋度コポリマービーズです。

PuroMill™には工業用グレードと医薬用グレードがあり、いずれも残留溶媒・モノマー・その他溶出分やコンタミのない高純度メディアで、湿熱滅菌(例えば、121°C x 20分のオートクレーブ滅菌)や従来のCIP洗剤や水によるフラッシングも可能です。いずれのグレードも50~1,000μmの粒度調整が可能です。 Read more

課題の解決方法を提案します★固定化酵素の応用事例のご紹介

Lipase CalB

ピュロライト社は、研究開発から製品製造工程まで幅広く適用できる、耐久性の高い酵素固定用樹脂「Lifetech™ ECR製品群」、およびリパーゼ固定済み樹脂「CalB immo製品群」「Lipase immo KIT」を販売し、様々な産業分野に利用されています。 Read more