課題の解決方法を提案します★Hisタグ付き酵素固定用樹脂(Chromalite® MIDA)

Chromalite MIDA

Hisタグ付き酵素固定用樹脂(Chromalite® MIDA)

Chromalite® MIDAは、金属を固定したアフィニティークロマトグラフィー(IMAC)用途の樹脂ですが、Hisタグ付き酵素タンパクに高い選択性があり、固定後も高い安定性を維持します。酵素タンパクのHisタグの位置に応じて配向させることができ、他の固定化技術よりも柔軟性があります。

母材は細孔径1000Åの親水性メタクリル多孔質で、粒子サイズは75~125μmです。さまざまな酵素の固定化に適しています。イミノジ酢酸(IDA)を修飾したキレート母材に、2価金属イオンを配位・固定させた製品です。

目的のhisタグタンパク質に対して最も高い親和性を示すChromalite® MIDAを選定するため、スクリーニングキット(SpectraChrom KIT)を用意しています。このキットには、亜鉛、銅、ニッケル、コバルト、鉄を固定した、5種類のChromalite® MIDA製品サンプル(各25mL)、および金属が固定されていないChromalite® MIDA/Mの、合計6種類をラインアップしています。

 

Fig-1 Chromalite MIDA

図 コバルト固定Chromalite® MIDA/M/CoによるHisタグ付き酵素タンパク固定の実施例

 

Chromalite MIDA

 

表 Hisタグ付き酵素固定用樹脂 スクリーニングキット(SpectraChrom KIT)テクニカルデータ

製品名 母材/固定金属 金属固定量 外観
Chromalite® MIDA/M イミノジ酢酸 メタクリル母材 白色
Chromalite® MIDA/M/Ni イミノジ酢酸 メタクリル母材/ニッケル(Ni) >8g/L (Nickel) NiCl2 青緑色
Chromalite® MIDA/M/Co イミノジ酢酸 メタクリル母材/コバルト(Co) >8g/L (Cobalt) CoCl2 桃色
Chromalite® MIDA/M/Zn イミノジ酢酸 メタクリル母材/亜鉛(Zn) >8g/L (Zincl) ZnCl2 白色
Chromalite® MIDA/M/Cu イミノジ酢酸 メタクリル母材/銅(Cu) >8g/L (Cobper) CuCl2 青色
Chromalite® MIDA/M/Fe イミノジ酢酸 メタクリル母材/鉄(Fe) >8g/L (Iron) FeCl2 褐色

 

 

ピュロライト、イオン交換樹脂の値上げを発表

ピュロライト、イオン交換樹脂の値上げを発表

東京 – 2022年3月8日 – イオン交換樹脂の専業メーカーであるピュロライト株式会社(社長:太安文夫、本社:東京都中央区)は、同社イオン交換樹脂の値上げを実施します。

今回の値上げは、同社イオン交換樹脂製品を対象に、2022年4月1日出荷分から適用され、改定幅は現行価格比12%となります。 Read more

課題の解決方法を提案します★脱塩水・純水装置再生後の素早い水質の立上り

純水装置再生後の素早い水質の立上り

陽イオン交換樹脂、脱炭酸装置、陰イオン交換樹脂を組み合わせた多床塔による純水装置は定期的に再生されます。

短時間に再生を完了させるためには、再生後に採水運転へ切り替える際に素早い装置復帰、すなわち水質の立上りが求められます。これは後段の陰イオン交換樹脂のリンス特性に依存するため、前段の陽イオン交換樹脂と併せて、当社品と各メーカー品のラインを組んで比較試験を実施しました。 Read more

ピュロライト、イオン交換樹脂の値上げを発表

ピュロライト、イオン交換樹脂の値上げを発表

東京 – 2021年9月2日 – イオン交換樹脂の専業メーカーであるピュロライト株式会社(社長:太安文夫、本社:東京都中央区)は、同社イオン交換樹脂の値上げを実施します。

今回の値上げは、ライフサイエンスを除く同社イオン交換樹脂製品を対象に、2021年10月1日出荷分から適用され、改定幅は現行価格比8%となります。

Read more

【続報】米ピュロライト、医薬品原薬およびライフサイエンス製品の需要拡大に対応するため米国に新工場を建設

【続報】米ピュロライト、医薬品原薬およびライフサイエンス製品の需要拡大に対応するため米国に新工場を建設

東京 – 2021年5月25日 – イオン交換樹脂および分離剤の専業メーカーである米国ピュロライト(日本法人:ピュロライト株式会社、社長:太安文夫、本社:東京都中央区)は、近年の世界市場における医薬品およびライフサイエンス製品の需要拡大に対応するため、医薬品原薬(API)と抗体医薬精製向け分離剤を増産するための新工場建設を開始しました。 Read more