PuroliteのPraesto抗体医薬精製用アガロース樹脂「Praesto(プレスト)」が、FDA認可バイオ医薬品の商業生産に採用

PuroliteのPraesto抗体医薬精製用アガロース樹脂「Praesto(プレスト)」が、FDA認可バイオ医薬品の商業生産に採用

2019年11月21日 – 分離、精製および抽出技術用の樹脂メーカーであるPuroliteは本日、アガロース樹脂を母体とするアフィニティークロマトグラフィー用分離剤「Praesto(プレスト)」が、FDA認可バイオ医薬品の商業生産に採用されていることを発表しました。Praestoは、がん、関節リウマチ、認知症、糖尿病の治療を目的とした医薬品の精製に不可欠な技術です。

Purolite Life Sciencesのアガロース部門でグローバルセールスおよびマーケティングディレクターを務めるChris Majorは、次のようにコメントしています。「これはPurolite Life Sciencesにとって主要なマイルストーンであり、当社の樹脂技術がFDA認可の商業製造プロセスでお客様に使用されることを誇りに思います。Praesto製品群の採用はPuroliteの技術的リーダーシップを示すものであり、当社は”ベスト・イン・クラス”のパフォーマンス、短いリードタイム、供給安定性への強いコミットメントによって競合他社との差異化を図っています。近年Puroliteは、独自のジェッティング重合技術による均一粒径ビードの生産能力を倍増するなど、革新的な樹脂の提供に向けた継続的な取り組みとして、1億5,000万ドル以上をグローバル展開プログラムに投資しています。今後も当社は、高性能樹脂に対する顧客の高まる需要に応え続けてまいります。」

英国に拠点を置く世界最大規模の生産能力を持つアガロース樹脂生産工場は開設してから約1年が経過し、均一粒径ビードの生産能力増強に向けた投資を継続しています。本工場の生産能力は年産100,000Lで、年間世界需要の30%に相当します。

【原文・UKサイト】
https://www.purolite.com/life-sciences-news/Praesto-chromatography-resins-move-into-commercial-manufacturing

 

 

 

Praesto® Jetted A50 均一粒径タイプ 抗体医薬用アガロース樹脂のご紹介

Praesto® Jetted A50 均一粒径タイプ 抗体医薬用アガロース樹脂のご紹介

均一粒径タイプ 抗体医薬用アガロース樹脂

抗体精製用アフィニティークロマトグラフィー用分離剤 プロテインA担体
Praesto® Jetted A50

Praesto® Jetted A50は世界市場において初めて開発された、均一粒径タイプのアガロース樹脂母体のアフィニティークロマトグラフィー用分離剤のプロテインA担体です。

イオン交換樹脂市場における世界大手メーカーのピュロライト社が40年にわたり開発したビード生産技術に、ピュロライト社ライフサイエンス事業部のアガロース樹脂製造技術の組み合わせによりPraesto® Jetted A50は開発されました。 Read more

プロテインA担体Praesto™ APを発売し、量産工場を建設

プロテインA担体Praesto™ APを発売し、量産工場を建設

Praesto™ APの発売と量産工場の建設

このたびピュロライト社は、アガロース樹脂にプロテインAを固定化したプロテインA担体「Praesto™ AP(プレスト・エーピー)」の発売を開始しました。 Read more

バイオ医薬品精製用のアガロース担体製品「Praesto™ (プレスト)」を発売します

バイオ医薬品精製用のアガロース担体製品「Praesto™ (プレスト)」を発売します

アガロース担体製品Praesto™

ピュロライト社は2014年10月より、バイオ医薬品精製用のアガロース担体製品「Praesto™ (プレスト)」の販売を開始します。Praesto製品の主なターゲット分野は抗体医薬品の精製で、血漿タンパクの分画などにも利用できます。 Read more