Praesto® Jetted A50 均一粒径タイプ 抗体医薬用アガロース樹脂のご紹介

均一粒径タイプ 抗体医薬用アガロース樹脂

抗体精製用アフィニティークロマトグラフィー用分離剤 プロテインA担体
Praesto® Jetted A50

Praesto® Jetted A50は世界市場において初めて開発された、均一粒径タイプのアガロース樹脂母体のアフィニティークロマトグラフィー用分離剤のプロテインA担体です。

イオン交換樹脂市場における世界大手メーカーのピュロライト社が40年にわたり開発したビード生産技術に、ピュロライト社ライフサイエンス事業部のアガロース樹脂製造技術の組み合わせによりPraesto® Jetted A50は開発されました。

Praesto® Jetted A50の主な特徴

  • 非常に高いDBC(動的結合容量):~80g/L、従来の市場における主要製品と比較し40%高い交換容量
  • 0.5M NaOHに対しても非常に高い安定性、~1M NaOHまで使用可能
  • OPUS®プレパックカラム充填した製品供給が可能

図1:Praesto® Jetted A50と他社品のDBC比較

10%ブレイクでのDBC(動的結合容量)

 

図2:Praesto® Jetted A50と他社品の耐アルカリ性比較

0.5M NaOH・常温を用いたCIP洗浄、15分サイクルを繰り返し行い初期DBCからの低下を測定

Jetting(ジェッティング):均一粒径ビード

アガロース樹脂のジェッティング重合方法はピュロライト社が世界で初めて開発に成功した均一粒径ビードの製造方法です。ジェッティングにより製造されたアガロース樹脂は標準タイプの粒径範囲を持つ他社品と比較し様々な優位性を示します。

  • 高い流速/線速度での運転が可能
  • 圧力損失を低く抑えることが可能
  • ビードの比表面積が大きくなることでDBC動的結合容量が高くなる
  • カラム選択性とカラム効率が向上する
  • カラム充填性が向上する
  • 高い流速/線速度での運転が可能

図3:Praesto® Jetted A50の圧力損失データ

試験条件:2.6cm直径カラム・20㎝ BH

図4:Praesto® Jetted A50と他社品の粒度分布比較

 

表1:Praesto® Jetted A50の一般物性値

製品名 Praesto® Jetted A50
用途 MAb回収
樹脂母体 高架橋度アガロース樹脂
外観 均一粒径 球状ビード
リガンド 組換えProtein A (E. coli)
動的結合力(DBC) ~80mg ヒトIgG/mL 樹脂
耐アルカリ性 CIP250サイクル以上
平均粒径(d50) 50 μm
粒度範囲 35~90 μm、均一係数 1.3以下
流速 > 450 cm/h at 3 bar(2.6 x 20 cm カラム)
pH安定性(長時間使用) 3-12
pH安定性(短時間CIP) 2-14
推奨保管条件 2~8°C、20%エタノール浸漬

 

表2:Praesto® Jetted A50のパッケージと製品コード

Praesto® Jetted A50はバルク樹脂から様々なプレパックカラムでのご提供が可能です。下表に標準製品とその製品コードを示します。

Praesto® Jetted A50
バルク樹脂 容量 製品コード
Praesto® Jetted A50 25 ml PR0550-166
Praesto® Jetted A50 100 ml PR0550-164
Praesto® Jetted A50 500 ml PR0550-165
Praesto® Jetted A50 1 L PR0550-310
プレパックカラム パックサイズ 製品コード
Praesto® Jetted A50 MiniChrom Column (8 x 20 mm) 1 x 1 ml PR0550-175
Praesto® Jetted A50 MiniChrom Column (8 x 100 mm) 1 x 5 ml PR0550-176
Praesto® Jetted A50 RoboColumn (5 x 10 mm) 8 x 200 µl PR0550-174
Praesto® Jetted A50 RoboColumn (5 x 10 mm) 8 x 600 µl PR0550-279
Praesto® Jetted A50 HT Column (Quantity of 5 columns) 5 x 1 ml PR0550-575
Praesto® Jetted A50 HT Column (Quantity of 5 columns) 5 x 5 ml PR0550-576