課題の解決方法を提案します★水中の有機物を効率的に除去するオーガニック・スカベンジャー樹脂のご紹介

課題の解決方法を提案します★水中の有機物を効率的に除去するオーガニック・スカベンジャー樹脂のご紹介

有機物の除去

河川水・湖沼水は産業用途の大切な水資源ですが、これらの天然水にはフミン酸やフルボ酸などの多くの溶解性有機物が含まれており、着色や濁度が高い原水ほど高い濃度で溶解しています。これらの溶解性有機物は、飲料水やプロセス用水の水質を直接的に悪化させる要因になるばかりでなく、例えばイオン交換樹脂を用いた軟水装置や脱塩装置においてはイオン交換樹脂そのものを汚染して性能低下を誘発するものであるため、前処理等で除去する必要があります。

一般的には安価で入手し易い活性炭が用いられることが多いのですが、活性炭は強度が乏しく通水中に破砕物や粉砕物がリークして後段に影響するなど、二次的な問題も発生します。そのため、強度の高い合成樹脂を活性炭の替わりに用いると、破砕物の無い安定した処理水を得られることが期待されます。 Read more

PuroliteのPraesto抗体医薬精製用アガロース樹脂「Praesto(プレスト)」が、FDA認可バイオ医薬品の商業生産に採用

PuroliteのPraesto抗体医薬精製用アガロース樹脂「Praesto(プレスト)」が、FDA認可バイオ医薬品の商業生産に採用

2019年11月21日 – 分離、精製および抽出技術用の樹脂メーカーであるPuroliteは本日、アガロース樹脂を母体とするアフィニティークロマトグラフィー用分離剤「Praesto(プレスト)」が、FDA認可バイオ医薬品の商業生産に採用されていることを発表しました。Praestoは、がん、関節リウマチ、認知症、糖尿病の治療を目的とした医薬品の精製に不可欠な技術です。

Purolite Life Sciencesのアガロース部門でグローバルセールスおよびマーケティングディレクターを務めるChris Majorは、次のようにコメントしています。「これはPurolite Life Sciencesにとって主要なマイルストーンであり、当社の樹脂技術がFDA認可の商業製造プロセスでお客様に使用されることを誇りに思います。Praesto製品群の採用はPuroliteの技術的リーダーシップを示すものであり、当社は”ベスト・イン・クラス”のパフォーマンス、短いリードタイム、供給安定性への強いコミットメントによって競合他社との差異化を図っています。近年Puroliteは、独自のジェッティング重合技術による均一粒径ビードの生産能力を倍増するなど、革新的な樹脂の提供に向けた継続的な取り組みとして、1億5,000万ドル以上をグローバル展開プログラムに投資しています。今後も当社は、高性能樹脂に対する顧客の高まる需要に応え続けてまいります。」

英国に拠点を置く世界最大規模の生産能力を持つアガロース樹脂生産工場は開設してから約1年が経過し、均一粒径ビードの生産能力増強に向けた投資を継続しています。本工場の生産能力は年産100,000Lで、年間世界需要の30%に相当します。

【原文・UKサイト】
https://www.purolite.com/life-sciences-news/Praesto-chromatography-resins-move-into-commercial-manufacturing

 

 

 

課題の解決方法を提案します★ゼラチン・加水分解コラーゲンの精製工程に使われる樹脂の紹介

課題の解決方法を提案します★ゼラチン・加水分解コラーゲンの精製工程に使われる樹脂の紹介

ゼラチン・加水分解コラーゲンの精製工程に使われる樹脂の紹介

ゼラチンや加水分解コラーゲンは食品・医薬品・工業用途など多様な分野に使われています。イオン交換樹脂や合成吸着剤は、ゼラチン・コラーゲンの精製工程においても幅広く利用されています。 Read more

超純水製造用イオン交換樹脂の製品ページを更新しました。

超純水製造用イオン交換樹脂

電子産業および医薬品製造で使用される超純水製造用イオン交換樹脂の製品ページを更新しました。

独自の樹脂洗浄技術によって初期溶出分および経時溶出分を抑えたUltraClean™シリーズの中でも、特に以下の2製品について一般物性値と併せて紹介しています。

  • UCW9966: 超純水ファイナルポリッシャー向け
  • UCW3700: 超純水系ポリッシャー用混床塔向け

超純水製造用イオン交換樹脂」の製品ページはこちら

 

課題の解決方法を提案します★ペプチド固相合成用樹脂をご紹介します

課題の解決方法を提案します★ペプチド固相合成用樹脂をご紹介します

ペプチド固相合成用樹脂PuroSynth™のご紹介

ピュロライト社のPuroSynth™は新たに開発したペプチド固相合成用樹脂です。

母材であるポリスチレン高分子ゲルは、化学的安定性や有機溶媒への耐久性が高いため、ペプチド固相合成用樹脂として最も標準的に使用されています。

ペプチド固相合成用樹脂PuroSynth™は、ポリスチレンと1%のジビニルベンゼンにより共重合により架橋された母体構造を持ち、ほとんどの一般的な溶媒に不溶ですが、膨潤しやすい均一粒径の球状ビードです。 Read more

課題の解決方法を提案します★臭気対策済み強塩基性アニオン交換樹脂をご紹介します

臭気対策済み強塩基性アニオン交換樹脂のご紹介

Purolite® A400EP

強塩基性アニオン交換樹脂

強塩基性アニオン交換樹脂は、その官能基から派生するアミン類が処理水に混入すると、臭気の原因になります。とりわけ食品・飲料製造用の純水装置に使用するためには、純水に臭気が移ることを極力防ぐための対策が求められます。

Purolite® A400EPは臭気対策を強化するために新たに開発された強塩基アニオン交換樹脂です。 Read more