課題の解決方法を提案します★ゼラチン・加水分解コラーゲンの精製工程に使われる樹脂の紹介

課題の解決方法を提案します★ゼラチン・加水分解コラーゲンの精製工程に使われる樹脂の紹介

ゼラチン・加水分解コラーゲンの精製工程に使われる樹脂の紹介

ゼラチンや加水分解コラーゲンは食品・医薬品・工業用途など多様な分野に使われています。イオン交換樹脂や合成吸着剤は、ゼラチン・コラーゲンの精製工程においても幅広く利用されています。

 

ゼラチンの脱塩

水処理用途と同じく、ゼラチンに含まれる塩類、特に塩化物イオンや硫酸イオンは、イオン交換樹脂によって除去することができます。動物から抽出してろ過処理をしたゼラチン溶液を50-60℃に加温し、強酸性陽イオン交換樹脂、弱塩基性陰イオン交換樹脂、強塩基性陰イオン交換樹脂の順番に通液し、不純物であるイオン類を除去します。樹脂は酸(約5% HCl溶液)やアルカリ(約4% NaOH溶液)で再生することができます。

 

表 ゼラチンの脱塩に利用されるイオン交換樹脂

強酸性陽イオン交換樹脂 弱塩基性陰イオン交換樹脂 強塩基性陰イオン交換樹脂
樹脂 Purolite® PPC150S
Purolite® SGC650
Purolite® SST80
Purolite® PPA103SPlus
Purolite® PPA133SPlus
Purolite® A845S
Purolite® A847S
Purolite® PFA500SPlus
除去対象 Ca2+, Na+, K+ Cl, PO43-, SO42- CO32-

 

ゼラチンの脱臭・脱色の事例

イオン交換樹脂と合成吸着剤に連続通液することによる魚由来のゼラチン溶液の脱臭・脱色処理の実施例を紹介します。原液(メークアップ液)を強酸性陽イオン交換樹脂(一塔目)と弱塩基性陰イオン交換樹脂(二塔目)に通液して脱塩した後、そのまま合成吸着剤(三塔目)に通して脱臭・脱色することで、連続的に精製処理が行われます。

ゼラチンの脱臭・脱色の実施例

ゼラチンの脱臭・脱色の事例2

図 イオン交換樹脂・合成吸着剤による魚由来のゼラチン処理

 

加水分解コラーゲンの脱臭・味覚改善・脱色

ゼラチンの高分子を分解した低分子の高純度たんぱく質である加水分解コラーゲン(コラーゲンペプチド)は、分子量が小さく水溶性を示すため体内へ吸収されやすく、飲料、サプリメント、化粧品に使われています。臭気や味を改善する精製工程では主に合成吸着剤が使われています。Macronet™ MN102は弱塩基性陰イオン交換基を付加したスチレン系母材の合成吸着剤で、加水分解コラーゲンの脱臭と味覚改善に使用されており、なおかつアルカリ溶液(2% NaOH)で再生することで繰り返し使用が可能です。

加水分解コラーゲンの脱色には強塩基性陰イオン交換樹脂が使われます。スチレン系・ゲルタイプの母材をもつ強塩基性陰イオン交換樹脂Purolite® A420SとPurolite® SSTPFA64は、事前にイオン形をOH形に転換させた後、加水分解コラーゲンを通液することで処理後の塩味を減らすことができます。強塩基性陰イオン交換樹脂はアルカリ溶液(4% NaOH溶液)で再生して再利用できます。

 

 

 

課題の解決方法を提案します★炭酸ガス吸着用イオン交換樹脂のご紹介

課題の解決方法を提案します★炭酸ガス吸着用イオン交換樹脂のご紹介

気相中の炭酸ガスを効率的に除去する弱塩基性アニオン交換樹脂

Purolite® A110およびPurolite® A830Wは、いずれもマクロポーラス型弱塩基性アニオン交換樹脂で、それぞれ1級アミン官能基、複合アミン官能基を有します。

これらは気相中からの炭酸ガス(二酸化炭素)吸着用フィルターとして用いることが可能であり、使用条件により炭酸ガス吸着量は変動しますが、概ね樹脂1kgあたり200g以上の炭酸ガスを吸着することが可能です。 Read more

意外と知らない●砂糖を作るために活躍するイオン交換樹脂

意外と知らない●砂糖を作るために活躍するイオン交換樹脂

砂糖を作るために活躍するイオン交換樹脂

身の回りの食品に様々な形態で使われている砂糖。

中世には高級な嗜好品であり、金銀と同じような価値を持っていましたが、18世紀以降量産化が進み、家庭でも普通に消費されるようになりました。 Read more