意外と知らない●キレート樹脂の特徴と応用分野

意外と知らない●キレート樹脂の特徴と応用分野

キレート作用とキレート樹脂

「キレート作用」とは、特異的なイオン交換基を有する分子が、水溶液の金属イオンと強固に結合する現象を言います。

金属と結合する分子を配位子と言い、2つの配位子が金属イオンと結合する様子が、カニがハサミで何かをつかむ様子に似ていることから、カニのハサミを意味するラテン語“Chela”を語源とした言葉です。キレート作用をもつイオン交換基を、母材となる多孔性高分子(直径約0.3~1.4mmの粒径を持つ、ほぼ球状の粒子(ビード))に固定したものを、一般的に「キレート樹脂」と言います。 Read more

意外と知らない●砂糖を作るために活躍するイオン交換樹脂

意外と知らない●砂糖を作るために活躍するイオン交換樹脂

砂糖を作るために活躍するイオン交換樹脂

身の回りの食品に様々な形態で使われている砂糖。

中世には高級な嗜好品であり、金銀と同じような価値を持っていましたが、18世紀以降量産化が進み、家庭でも普通に消費されるようになりました。 Read more

意外と知らない●身の回りのいろいろな水

意外と知らない●身の回りのいろいろな水

身の回りのいろいろな水

海水 > 淡水 > 飲み水

地 球は豊富な水に恵まれた水の惑星で、地球上の水の全体積の97%が海水、残りの3%のうち氷河が約2.5%です。多くの陸上に棲む生命が使える淡水として の水は0.5%しかなく、体積に換算すると約700万立方キロメートルです。これは河川水・湖沼水も含まれますので、人間が飲料用として使えるのはもっと 少なくなります。 Read more